カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
室内・屋外・ベランダ物干し・ヒルズポータブル120物干しロープ・ヒルズコードマチック
回転式物干し台・ヒルズホイスト・ロータリー折りたたみ式物干し・ヒルズ・スパフォールド自動巻き取り式物干しライン・ヒルズエクステンダ

★Hills社60年の歴史・・・ヒルズホイスト・ストーリー 【回転物干し】

★Hills社60年の歴史・・・ 【ヒルズ・ホイスト・ストーリー】




1995年から2007年までの長きにおいてオーストラリアの首相を務めたジョン・ハワード氏自らが、『オーストラリア郊外生活3大シンボル』の1つに挙げたことでも有名なヒルズ・ロータリー・ホイスト。空にそびえて風に吹かれゆっくり回転する洗濯物干しは、オーストラリアやニュージーランド郊外を旅した人が幾度となく目にすることになる何処か心が安らぐ光景です…。


戦地から引き上げて、アデレードの自宅に戻ったランス・ヒルは、メカニックだった経験を生かして、画期的な回転式の洗濯物干しを発明し、愛する妻にプレゼントします。ヒルズ・ロータリー・ホイストが誕生した瞬間でした。それは近所で大評判になり、彼は本格的に事業展開することを決意します。義理の兄弟であるハロルド・リンと2人で会社を立ち上げました。それは、後にオーストラリアで語り草となるヒルズ・サクセスストーリーの始まりでした…。


1946年、ヒルズロータリーホイストの製造販売を開始します。次第に注文が増えるようになり、軍の払い下げトラックを購入して配達に回りました。販売が拡大するにつれて工程の全てを自社生産する設備が整えられていきました。


南オーストラリアで有数の企業に成長したヒルズ社は、その後、オーストラリア東部に進出を果たします。事業は順調に拡大を続け、ビジネスエリアは、ロンドンやニュージーランドなど海外にまで広がっていきました。


それから長い月日は流れ1994年、オーストラリア中の人々は、500万台目のヒルズホイストの販売を祝福しました。今日、ヒルズ社は2000人以上の従業員を雇用する企業に成長し、その生活の中でヒルズの製品に遭遇しない日はありません。


ヒルズ社創立50周年の締めくくりとなる年、1996年に開催されたアデレードフェスティバルでは、市を挙げて、ヒルズロータリーホイストを称えました。それはヒルズホイストがオーストラリアの生活に浸透し重要な役割を果たした事に対する賛辞に他なりません。


ヒルズ社の梯子は香港や東南アジアの工事現場のいたるところで使われ、クローズライン(洗濯物干し製品)はウエリントンからロンドン、近年は地球環境に優しいエコロジーな製品としてUSAマーケットにも浸透しています。NZのお母さんがヒルズロータリーに洗濯物をかけている傍らでは子供たちがジムセットで遊び回ります・・・・・・。


南オーストラリアの一軒家の裏庭から始まったヒルズ社は、現在、複数のグループ企業を有し、家庭用品、エレクトリック、セキュリティー、エコロジー、ビルディング、介護福祉関連用品 etc…、幅広い事業を手がけ、未来に向けて更なる発展を続けています。



★歴史の写真集